鶴リッチプロジェクトでリッチになれない?

億り人トレーダーSYUです。

初心者でも分かりやすいビジュアル重視のグラフやチャートを使うFXスクールとして人気を博しているという鶴正敏氏が鶴リッチプロジェクトというFX商材を発表していましたのでレビュー記事を書いておくことにします。

たった2ヶ月で50万円が1,000万円になった、元OLが1日5万円稼げるようになった、100万円を1年で280万円にした、時給48,000円と謳っていますが本当でしょうか?

鶴リッチプロジェクトの詳細はこちら

<特定商法取引法に基づく表記>

<販売者名> 株式会社カーロット 榊原隆史

<所在地> 大阪府大阪市中央区南船場2-10-28下村ビル501

<電話番号> 06-4708-3201

<メールアドレス> info@tsurulab.com

このFX商材はFXの情報商材販売者としては結構有名な方のメルマガで鶴正敏氏は実力、人気ともに急上昇中の人物だと絶賛していたので気になっていました。

こちらは塾生同士の対談動画のようで鶴リッチプロジェクトがどのようなものかを語っています。

このメルマガによるとサインが発生してからある指標の確認を行って条件に合った場合のみENTRYするというタイプの手法で、時間にゆとりがあるからサラリーマンでも出来るデイトレードの手法との事でした。

鶴リッチプロジェクトの特徴は以下のようです。

・一気に2倍や3倍に資金を増やすようなトレードではない
・地道にコツコツ確実に積み上げていく
・トレード時間は1日20~30分

鶴正敏氏考案の指標の組合せでどのようなトレードをするかがセールスレターに記載されていましたので少し解説しますとまず最初にチェックするのは、①の【矢印】でチャートに注目ですよというサインが表示されますのでこの矢印が出たら、実際に手法を用いてトレードする準備をします。

次に、②の【スローストキャスティクス】に注目し、相場が今どんな状態なのかとエントリーの方向性を決める非常に大事な要素になっているようです。

最後に、③の【移動平均線】でチャート上に何本かの移動平均線を表示させ、これらの絡み具合や、それぞれが指し示す向き、そして現在の位置を確認し、ENTRYの基準にするようです。

①を確認してから②③で具体的な判断を下すというのが鶴リッチプロジェクトで指導しているトレードルールのようです。

この場合は売りサインが点灯し、2本のスローストキャスティクスのDC確認で売りENTRYとの事だったのでその後どうなったかというと以下のように怒涛の下落が始まって大幅に収益を上げている結果となっています。

トレードルールが明確に決まっているようでしたし、私自身の手法に一捻り入れるヒントがありそうだと思いましたので鶴リッチプロジェクトの販売価格は198,000円と高額なFX商材ですが手法改良と勉強のために購入する事にしました。

鶴リッチプロジェクトを購入して見た

この商材はPDFファイル1つと90日間のメールサポート、リアルセミナー参加権という構成になっております。

PDFファイルには会員サイトに登録するように指示されていて、会員サイトから鶴リッチプロジェクトのインディケータをダウンロードしたり、トレード解説動画等が用意してありました。

鶴リッチプロジェクトにはPDFファイルの資料が一切無く、全て動画での解説になっており、1本辺りだいたい20~30分程度のボリュームで20章まであるので全て見るのは結構な時間を要しました。

鶴リッチプロジェクトで使用している主な指標はスローストキャス、MACDと移動平均線ですがスローストキャス、MACDは鶴正敏氏が独自にアレンジした物を使用しています。

会員サイトの動画では勝ち、負けパターンの両方について言及し、なぜ良かったのか、どうしてダメだったのかを事細かに説明していたのでその辺の情報商材に無い親切さを感じました。

鶴リッチプロジェクトの再現性についての検証

鶴リッチプロジェクトのインディケーターを私のPCにインストールしてみました。

画面左から1時間足、15分足、5分足となっております。

この画面から察している方も居ると思いますがマルチタイムフレーム分析でトレンドを把握し、発生したトレンドの頭と尻尾以外を根こそぎ頂く手法となっております。

サインは頻繁に出るのですがENTRY条件にHITしないパターンがよく見られました。

こちらは利益になったのトレードの一例です。

鶴リッチプロジェクトで推奨するENTRY条件に2つのスローストキャスが双方とも高値圏でDCまたは安値圏でGCするという条件に一致しないので大半のサインは見送る事になります。

決済にMACDのヒストグラムを使用しておりますがヒストグラムの色の変わり目が相場の転換点である可能性があるという着眼点が秀逸で素晴らしいと思いましたし、この考え方は自身のトレード手法に組入れるヒントになりました。

セールスレターで謳っていたたった2ヶ月で50万円が1,000万円になった、元OLが1日5万円稼げるようになった、100万円を1年で280万円にした、時給48,000円というのはENTRY条件を一切妥協せず、かなりハイレバレッジを効かせたトレードであれば可能だと思います。

ただ、対象ユーザーが初心者という観点で見ればいきなりハイレバレッジのトレードは初心者には荷が重いと思いましたので鶴リッチプロジェクトは多少の誇大広告が入っていると判断します。

鶴リッチプロジェクトについての総評

鶴リッチプロジェクトについては非常に残念なFX商材だと思いました。

会員サイトの動画はためになる物が多く、トレードで勝つためのエッセンスが盛り込まれているので初心者はこの内容を忠実に実行することで勝ち組トレーダーに変身出来る可能性は高いと思いました。

ただ、価格面に問題があり、リアルセミナーが付いているとはいえもう少し何とかならなかったのかなと思うところです。

私も実際に東京で開催されたリアルセミナーに参加して鶴正敏氏が本物か詐欺師か見定めに行きましたが、前評判の通り、確かに実力のあるトレーダーだと思いました。

セールスレターや動画に出てくる元OLの中原さん、事務局スタッフそして講師の鶴正敏氏が日本各地を飛び回るのは予想以上にコストがかかるのか、それとも販売会社の利益を盛っているのかは不明ですが、この内容で198,000円はちょっと高いと思います。

鶴リッチプロジェクトと全く同じ内容で、しかも教材のDVDが自宅に配送されて来るのに99,800円というFX商材が過去にありましたのでそれを鑑みるとやはり高いと思います。

どんな内容かもわからないのにいきなり20万円近くを商材代にポンと出せるのは私のようなボッチで自己啓発、投資マニアの馬鹿か鶴正敏氏のファンぐらいだと思います。

どんな内容かわからないからこそ私のように商材のレビューをしているブログが重宝されるという側面もあるのかも知れないですが一括にしろ分割にしろサラリーマンの平均的な手取り月収を一点張りするのはリスクが大きいかと思います。

鶴リッチプロジェクトについて他のブロガーさんはどんな評価をしているのか気になってちょっと調べてみましたが実際に購入していないのに詐欺だと言っている人、投資は危険だからリスクの無いネットビジネスを始めろと言う人、内容を知った上で高いけどどうぞと勧める人等多様な評価がありました。

レビューブログの1つに鶴正敏氏はもともと鶴式FXスキャルピングプラスというFX商材を出していたようで、こちらはお値段29,800円なのだそうです。

そして今回の鶴リッチプロジェクトと同じ手法だと言っておりましたので、もしこれが本当だとするならばやはり価格面でボッタクリという判断をします。

鶴式FXスキャルピングプラスは既に販売停止となっているようで私にはこの真偽を確かめる術はありませんが何れにしても価格面に難有りという事で鶴リッチプロジェクトはお勧め出来ないFX商材という評価にさせていただきます。

FXの商材であればこちらが面白いので、興味がある方は見てみて下さい。
ドラゴンストラテジーFX

無料相談受付中です

もし、気になる点がありましたら、気軽に問い合わせて下さい。

SYUに無料で相談してみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください