東京オンリーFXは高難易度トレード手法かもしれない

億り人トレーダーSYUです。

今回は時間帯の優位性を利用して非常に高確率で利益を出せる6年間負け無しのトレード手法というFX商材の情報を入手しましたのでシェアして行きたいと思います。

東京オンリーFXの詳細はこちら

<特定商法取引法に基づく表記>

<販売者名> 株式会社金馬新聞 岩本和也

<所在地> 札幌市豊平区平岸四条13丁目4-30 シャトー和田407

<電話番号> 090-7515-7358

<メールアドレス> kinmashinbun@yahoo.co.jp

電話は携帯でメールアドレスがフリーメールという事で無料オファーでよく見かける展開だったのでこの会社は本当に存在するのか気になったので調べてみました。

株式会社金馬新聞は本当に存在するのか?

金馬新聞社を調べて行くと札幌の商工会に所属しているらしく地元の商店街振興組合なんかにも所属しているようです。

ただ、業務内容欄を見ると会社名からおおよそ想像できる通り、競馬やボートレースの情報販売がメインでFXについては片手間でやっている感があります。

カズヤングこと岩本和也氏の個人ブログを見ていくと自身の販売しているツールのトレード収支報告がありましたが次の様な但し書きがありました。

こちらは私の収支ではなくツールの収支です。

ツールの販売者こそ実戦トレードのガチの結果を購入を迷っている方に示すべきだと思いますがいかがでしょうか?

これでは他の商材レビュー者の方々が言っている様にバックテストの良い結果だけを意図的に載せているとか机上の空論と言われても仕方ないかと思います。

東京オンリーFXは安心・安全なトレードロジック?

こちらは東京オンリーFXの概要動画です。

大きな矢印と同じ方向に小さな矢印が出たらENTRYで反対方向に矢印が出たらEXITというシンプルなトレードルールのようです。

トレードする時間帯も比較的値動きの少ない11~14時の時間帯を狙うとのことで、この時間帯はトレンドが出にくいためいわゆるヨコヨコ(レンジ相場)になりやすい特性があります。

そこを1分足を使ってのスキャルピングで利益を上げるということのようです。

推奨通貨ペアはドル円、ユーロ円、ポンド円の3通貨ペアとなっています。

東京オンリーFXの特長

東京オンリーFXには次のような特長があります。

・パソコンはまったく不要
・急変動などのイレギュラーを避ける
・サインがそろそろ出るタイミングもわかる
・30pipsの損切りにかかるのは「25回に1回」だけ
・最大ドローダウン5.6%で、大損失になりようがない
・日をまたいでの持ち越しはない
・マーチンゲールやナンピンは一切なし

東京オンリーFXの口コミ

ネット上を調べたところ良い口コミはあまり無く、悪い口コミが多い印象があってあまり購入しようという気にはなれない内容でした。

具体的には次のような感じです。

良い口コミ
・トレードルールがシンプルで裁量が入らない

悪い口コミ
・大きく稼げないので利小損大になってしまう
・販売ページに書いてある結果にならない
・エントリーチャンス平均1~2回は少ない
・ドラストの劣化版で買う価値無し
・時間帯が合わない

東京オンリーFXの実力

実際に東京オンリーFXを実践検証されている方のブログを発見しましたので紹介しておきます。

東京オンリーFX実践結果

結果から言うとマイナス収支で検証終了となったようです。

この方は本来はプラス収支で終われる勝てる手法なのにこんな結果になって申し訳無いというニュアンスで検証を休止しておりましたが、やはり投資の世界は結果が全てであって勝てると言われる手法であっても万人に当てはまるわけではないという事を再認識させられました。

トレードを行う人の環境によっては使えないノウハウもあるのでLPの煽り文句を真に受けないように注意する必要があります。

東京オンリーFXの指定トレード時間も日中忙しいサラリーマンには厳しい時間帯と言うこともあって、トイレに篭ったりコソコソと人目を気にしながらのトレードだったり、トレードに集中出来なくて余計な損失を出す場面なんかもあったのかもしれません。

東京オンリーFXで結果を出している方のブログも紹介しているようなので気になる方は覗いて見てもよいかもしれません。

東京オンリーFXの総評

時間帯の優位性を利用するという点では同意出来ますが、トレードは時間軸が短くなるほど難易度が上がるので1分足というのは非常に難しく、いわば最高難易度での勝負をするようなものなので初心者にはまずオススメ出来ない手法です。

LPには使う指標はRSIのみで期間が9と明示してありますが、期間が短いと言うことはそれだけダマシも多く発生すると言うことですし、1分足のスキャルピングともなれば小規模なトレンドが発生しなければスプレッド負けするのでメリットに成り得ないと思います。

お昼の空いた時間にちょこっとお小遣い稼ぎするつもりが予想外の急展開に巻き込まれて大損するとかスキャルピングの商材にありがちなコツコツ稼いでドカーンと負ける展開も巷のFX実戦ブログの収支を見ていると良く見る光景なのでトレード資金がジリ貧になるというのもよくある話です。

東京オンリーFXの作者自身がガチのトレード履歴ではなくたらればの結果を載せてこれだけ稼げますよというのは誠実ではないと感じました。

以上から東京オンリーFXは11~14時の時間帯で短期売買している人向けの実践できる人を選ぶ商材だと思います。

悪い口コミにありましたが東京オンリーFXはドラストFXの劣化版という意見があるように同じようなENTRYサインでトレードするのであればドラストFXの方が面白いと思いますので、興味がある方は見てみて下さい。
ドラゴンストラテジーFX

無料相談受付中です

もし、気になる点がありましたら、気軽に問い合わせて下さい。

SYUに無料で相談してみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください