中神あきら氏のタートルプロジェクトでは誰もがタートルズに成れない

億り人トレーダーSYUです。

仮想通貨系youtuberの中神あきら氏が伝説のトレーダー集団タートルズを模した投資才能発掘プロジェクトをぶち上げたというのでシェアしていきたいと思います。

ザ・タートルズ・プロジェクトの詳細はこちら

<特定商法取引法に基づく表記>

<販売者名> 合同会社 Turtle Technology 島野雄介

<所在地> 大阪府大阪市淀川区加島1-61-15

<電話番号> 不明

<メールアドレス> turtles.pjpj@gmail.com

 

例によって電話番号が無いですし、メールアドレスもフリーメールというのが昨今の詐欺案件と酷似しているので一抹の不安が残ります。

youtuberとしてそこそこの地位にある中神あきら氏の案件という事で、もし詐欺案件だったらこの方のyoutuberやFPとしての人生は終わってしまうのである意味で人生賭けている案件だと思います。

タートルズとは

カリスマ・トレーダー、リチャード・デニスとウィリアム・エックハートが教育した常勝投資軍団を「タートルズ」と呼んでいます。

シンガポールの亀(タートル)牧場みたいに、トレーダーを育ててみようというリチャード・デニスの思いつきでこの企画は始まったと言われています。

リチャード・デニスはウィリアム・エックハートにトレーダーを育成することは可能か否かという賭けをするため、主要新聞に全面広告を打って大々的にトレーダーを募集してトレーダー養成塾「タートルズ」を作ったそうです。

タートル達は、わずか2週間の研修プログラムを終えると、それぞれ100万ドルの口座を任され、市場に参戦したそうです。

そして、ほとんどのメンバーが未経験だったにもかかわらず、次々と巨額の利益をあげ、業界に旋風を巻き起こし、相場は正しい訓練によって成功出来ることが証明されたセンセーショナルな出来事でした。

しかし、タートル達には厳しい掟があり、それは、教えられた投資手法を絶対、誰にも漏らしてはいけない、というものだったそうです。

しかし、この掟は元タートルズの第一期生メンバーであったラッセル・サンズや最も優秀な成績を残したカーティス・フェイスが自身の資金繰りに困ったのか「タートルズの秘密」を暴露する著書を発行してしまったため、タートルズの投資手法がトレンドフォローだという事が世に広まってしまったと言うことです。

誰もがタートルズには成れない

「タートルズ」になるには心理検査や面接を経る必要があり、1000人を超える応募者の中からたった23人だけが「タートルズ」として成功を収められたと言われています。

結果として「優秀なトレーダーは育成出来る」という結論に至ったわけですが、逆を言えば誰もがタートルズには成れないという事です。

このLPにもT社の求める才能を持っている人間が多い人種が日本人だと言っています。

「多い」というだけで「誰でも」ではないという事なので特商法のページにも以下のような一文が記載されていると推察します。

あと、気になるのは「表現や再現性には個人差があり、」という部分ですね。

表現に個人差があるって事は人によって得られる情報が異なると言う事なのかな?と思ってしまいます。

どこかの詐欺案件みたいにいくつかのグレードがあって、支払う金額によって良い情報を優先的に流すみたいな感じなのかと。

 

タートルズプロジェクトに応募してみた

LINE@に登録しなければならないと言うことなのでちょっと面倒でしたけどIDを作って登録して見ました。

よくあるパターンで動画見てコメントしろ系のやつですね。

よくわかりませんが「ペア制度」なるものもあるみたいです。

中神あきら氏のサロンにも登録するように指示されます。

通常は有料のサロンみたいですが、どこかの時点で有料になってお金取る算段なのでしょうか?

登録初日という事もあってまだ情報が少ないので順次情報更新予定です。

タートルズプロジェクトの総評

現時点では詐欺とも何とも言えませんので順次情報更新していく予定です。

私もトレーダーの端くれなので偉大な先達に習ってタートルズの書籍は何冊か買って読んでいますし、プロトレーダーのセミナーを受けて来てトレーダーに大事な才能は何かという事も学んできてます。

私が教わったトレーダーに大事な才能はルールを守る強い意志であり、これこそが成功の条件だと教わっています。

小手先のテクニックでも優れたトレーディングシステムでもなく、自分が決めたルールを完遂する能力が大事であると何度も言われ続けてきました。

そんなわけで私はトレーダーには自己規律を守る事が重要な能力であると思っております。

どんなに優れたノウハウでも実行しなければ意味が無い、トレーダーはトレードしてなんぼの世界でもあるので自分が決めたルールやトレード手法を忠実に実行できなければそれは失敗トレードです。

ルールに無い事をやって例え儲かったとしてもそれは失敗トレードです。

中神あきら氏のタートルズプロジェクトがここに触れるか否かは1つのチェックポイントだと思っております。

私の見解が参考になれば幸いです。

<<追記>>

現在はタートルズプロジェクトの正式募集が始まっており、TURTLES Academyなる講座名で298,000円の受講料が必要なようです。

タートルズプロジェクトの噂をネット上で見渡して見るとペア組んだ人がペンタグラム分析で落ちたというツイートが盛り上がっていたので引用しておきます。

ちなみに私はこのペンタグラム分析とやらを受けていないのに合格しました

それどころか一度たりとも動画を見ていませんし、コメントも返していません・・

先月に登録して以来ずっと放置していました。

米国中間選挙やら日本初のTGE案件の調査やらのイベント満載で忙しかったものでそれどころではありませんでしたので・・・

以下は私のLINEに届いたものですが、何もしていないのにSTAGE3に残っていました(笑)

STAGE3に残る人というのは熱心に動画見て、コメント返して、ペンタグラム分析を受けて合格した人のみが残っていられるステージだと認識していますが、タートルズプロジェクトでは一体何を審査しているのでしょうか?狭き門とやらが聞いてあきれます。

この分だとTURTLES Academyの講義内容もお察しで私としてはこのままスルーする予定です。

そもそも本場のタートルズの募集ではトレーダーは募集しても講義料等の名目で金銭のやりとりは無かったように思います・・逆にトレーダーとして働くのだから応募者はむしろフィー(給与)を貰う立場だと思いますがいかがでしょうか?

中神あきら氏は外見が強面で硬派なイメージだったのとyoutubeでは精力的に活動されているようで信頼しても良さそうなかと思っていただけにちょっとガッカリです。

無料相談受付中です

もし、気になる点がありましたら、気軽に問い合わせて下さい。

SYUに無料で相談してみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください