イートレFXでは自由は手に入らない

億り人トレーダーSYUです。

普段は海外でゆったりした生活をしながらFXをしている石井和夫氏が史上最高にEASY!なロジックで、勝率80~90%を実現するというがFX商材を発表していましたのでレビュー記事を書いておくことにします。

Easy Trade FXのセールスレターではほったらかしでもほぼ自動化されたロジックで本物の自由を手に入れられると謳っていますが本当でしょうか?

Easy Trade FXの詳細はこちら

<特定商法取引法に基づく表記>

<販売者名> クロスリテイリング株式会社 松野有希

<所在地> 東京都千代田区神田神保町1-5-1-6F

<電話番号> 03-5244-5344

<メールアドレス> info@easy-tradefx.com

このFX商材はFXの情報商材販売者としては結構有名な方のメルマガで石井和夫氏は実力と人柄を兼ね備えた数少ない本物のトレーダーだと豪語していたので気になってはいました。

このメルマガによるとサインが発生して数時間後でも間に合うため、時間のゆとりがあるからサラリーマンでも出来る手法で、取引タイミングは月に50回程度との事でした。

Easy Trade FXの特徴は以下のようです。

・ほぼ機械化されたロジックで勝率8~9割
・ほぼ自動化されたレベルでルール通りの簡単なトレード
・5年連続年間5000~6000pips以上の実績
・トレード時間は1日20~30分

また、石井和夫氏が何千万と稼いでいるのは事実であると言い切っていたので、そこまで言うなら本物かどうか確かめてやろうじゃないかと思いましたのでEasy Trade FXを購入する事にしました。

Easy Trade FXを購入して見た

この商材はいくつかのPDFファイルと90日間のメールサポートという構成になっております。

PDFファイルには会員限定メルマガに登録するように指示されていて、メルマガに会員サイトの登録方法が記述されていました。

会員サイトからEasy Trade FXのインディケータをダウンロードしたり、PDFファイルの内容を詳細に解説した動画が用意してありました。

Easy Trade FXで使用している主な指標は一目均衡表と移動平均線ですが一目均衡表は石井和夫氏が独自にアレンジした物との事です。

Easy Trade FXでは一目均衡表の雲を突き抜けたらサインが出ますが、一旦、移動平均線まで戻してから再度価格が上昇又は下落してサイン点灯時の価格を10数pips突き抜けたらENTRYする手法との事でこのような手法をクラウドブレイクと呼ぶようです。

推奨通貨ペアはGBP/USD、EUR/USD、GBP/JPY、USD/JPY、EUR/JPYの5通貨です。

推奨時間軸は30分、1時間、4時間です。

Easy Trade FXは時間軸ごとに次のように利益、損切りの目安値が設定されています。

利益

15分足:10pips~
30分足:15pips~
1時間足:30pips~
4時間足:50pips~
日足:100pips~

損切り

15分足:30pips
30分足:30pips
1時間足:50pips
4時間足:100pips
日足:200pips

以上がEasy Trade FXのトレードルールとなっております。

会員サイトの動画では勝ち、負けパターンの両方について言及していたのでこの点は良心的だと思いました。

Easy Trade FXの再現性についての検証

Easy Trade FXのインディケーターを私のPCにインストールしてみました。

これはUSD/JPYの1時間足を表示させておりますが約2週間でENTRY無しです。

USD/JPYだからチャンスが無いのか?1時間足だから15、30分足の短い時間軸でやればチャンスが増えるのか?というとそんな事はありませんでした。

Easy Trade FXを使用していて判った事は強烈なトレンドが出た時にだけ儲かるという事でした。

サインは頻繁に出るのですがENTRY条件にHITしないパターンがよく見られました。

こちらは利益になったのトレードの一例です。

見てわかる通り目標利益をかなりオーバーして取り損ねています・・・

こちらは損切りのトレードの一例です。

ダマシに引っかかって豪快にやられています・・・

Easy Trade FXをメールサポートが切れる3ヶ月フルで使ってみましたが勝率8~90%もありませんでした。

私のトレード履歴では60%切るくらいで裁量を入れずにルール通りにやれば恐らく利益より損失の方が大きかったと思います。

私は基本的にEUR/USD、USD/JPYしかトレードしませんので他の通貨ペアでトレードしませんでしたがバックテストではちょこちょこ見ましたが結果は大差ありませんでした。

あと、殺人通貨であるGBP/JPYは推奨通貨の中で一番ボラがあるのに利益の設定が他の通貨と同じというのは納得のいかないところでした。

損切り価格は良いとしても利益はかなり取り逃していましたので1.5~2倍しないと割りに合わないと感じましたし、石井和夫氏は本当にGBP/JPYでトレードしているのか?と疑問に思いました。

勝率8~90%は無いだろと思いましたのでEasy Trade FXは誇大広告であると判断します。

Easy Trade FXについての総評

Easy Trade FXは初心者でも出来る、ほったらかしでもほぼ自動化されたロジックで勝率80~90%を実現という触れ込みでしたがこれは真っ赤な嘘です。

セールスレターには確かに2つのスタイルがあると記載されていますが利益の最大化というスタイルが裁量トレードだという事はこのページでは一言も語られておりません。

会員サイトで動画やPDFファイルを見て初めて判る事です。

商材の購入者にあえて不利な事を伝えないのは生命保険や不動産で言う所の告知義務違反であると思います。

また、トレード時間は1日20~30分と言っていますがセールスレターを良く見るとこのようなトレード結果をドヤ顔で載せています。

余裕で2週間以上経ってるんですけど・・・

あと獲得pips数も121pipsってありますがこれは利益を伸ばす応用編という箇所で突如裁量トレードの話が出てきて利益が上がったら損切り価格を変更するトレーリングストップの話を持って来て、決済はMACDを使用するという事になっています。

Easy Trade FXはサインが出てからIFO注文で約定価格、利益、損切りを設定してほったらかしだから初心者でも簡単というのがコンセプトだったハズです。

裁量でセカセカやり出したら全然ほったらかしじゃないですし、携帯電話やスマホと言った外部と通信できる私物の持込が不可の職種、職場だってあるのですから一部のサラリーマンには無理な芸当です。

会員サイトの動画やPDFファイルに突如「利益を上げ続けるために3つのカンを磨いて欲しい」という言葉が出てきます。

3つのカンとは相場感、相場観、相場勘という事で石井和夫氏が株の師匠から教えてもらったそうです。

この3つのカンを磨いて5年後に自由になって下さいと言う話で締めていましたが、結局は時間をかけて自分なりの理論を構築し、裁量トレードで儲けられるようになって下さいって事だと思いましたし、セールスレターを見る限り、Easy Trade FXのツール1つで簡単に儲かって即自由になれるイメージしか沸きませんので何じゃそりゃ!と思わず言ってしまいました。

また、損切りの設定値は石井和夫氏の長年の経験から来ているとの事ですが私としてはこのやり方には異議有り!です。

私がプロトレーダーから教わった損切りの理論や理屈に共感しているという事もありますが、撤退ラインはやはり意味のあるところに定めるのが合理的だと思うからです。

上昇トレンドだと思ってENTRYしたのなら上昇トレンドが否定される値位置、下降トレンドだと思ってENTRYしたのなら下降トレンドが否定される値位置に損切りを設定するのが合理的だと思います。

何pipsというのは自分の都合であって、相場はそんな個人の都合とはお構いなしに動くもので、相場に個人の都合を持ち込んでは正常な判断が出来なくなるからとプロトレーダーに教わったからです。

セールスレターに記載されていた一回のトレードで193,000円の利益というのはGBP/JPYの19.3pipsとの事なので10lot張っている事になります。

一回で100万通貨張るのは日本の業者だと500万円近い証拠金が必要になりますし、殺人通貨のGBP/JPYで1pipsで万単位のお金が変動するトレードは初心者には荷が重く、気が動転してしまうと思います・・・

とてもほったらかしでFXをやれるような状態ではなく、まともな精神でいられないと思います。

初心者でも可能と言いつつも初心者には無理な環境やほったらかしでトレードしていない状態で、セールスレターには一言も書いていない裁量トレードの結果ばかり載せているので初心者をターゲットに夢を膨らませて購買意欲を煽っている商材だと感じました。

以上からEasy Trade FXは購入に値しないFX商材という評価にさせていただきます。

FXの商材であればこちらが面白いので、興味がある方は見てみて下さい。
ドラゴンストラテジーFX

無料相談受付中です

もし、気になる点がありましたら、気軽に問い合わせて下さい。

SYUに無料で相談してみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください